今月のおすすめ楽譜 ホームページへ
 HOME   楽譜リスト   楽譜お申込み   おすすめ楽譜(無料ダウンロード)   木管楽器ってなんだろう?    関連サイト   お問合わせ 

♪このコーナーでは、過去に楽譜リストのページで公開した曲の内、お薦めの曲を再公開しています! このページの楽譜は、自由に印刷できますので、お手持ちのプリンタで印刷して、演奏してみてください。
♪印刷した楽譜をご購入したい方は、こちらから、お申込みください。
《掲載楽譜の販売、転売、オークション等への出品は禁止いたします。》
♪楽譜データはpdf形式です。閲覧・印刷にはAdobe Readerが必要です。 Adobe社のホームページより無料ダウンロードできます。 Adobe Reader のバージョンは5.0以上をご使用ください。
♪ダウンロードファイルは、 【ウイルスバスタークラウド】 で、ウイルスチェック済みです。
◆今月のおすすめ楽譜◆

最新楽譜リストこちら

2021年5月のおすすめ楽譜
◆WW-0713 涙のパヴァーヌ(ダウランド)クラリネット3重奏(CL3)
ダウンロード
作曲者のダウランド(John Dowland)は16世紀にイギリスで活躍したリュート奏者。 「涙のパヴァーヌ」は、彼の代表作ともいえる作品で「流れよ、わが涙」というタイトルで演奏されることもあります。 現在では、クラシックギターの名曲としてよく演奏されるようです。 指の動きがかなり忙しい曲ですが、悲しげなメロディをしっとりとしたハーモニーで包みこんで聞かせましょう。
今回の掲載は、パート譜のみです。フルスコアを含む製品版は、[こちら]!
2021年4月のおすすめ楽譜
◆WW-0727 かなりや(成田為三)木管4重奏(FL,Ob,CL,Fg)
ダウンロード
「♪歌を忘れたカナリヤは〜」という歌はみなさんも聞いたことがあるでしょう。 「浜辺の歌」の作曲者として有名な、成田為三が大正時代に作曲したこの曲は、海外でもよく知られた日本の童謡です。 前半は、2拍子のゆったりしたテンポ、後半は3拍子の早めのテンポになりますので、変化をつけて演奏しましょう。 ところで、この曲、2番3番の歌詞がちょっと怖いですネ!
今回の掲載は、パート譜のみです。フルスコアも含む製品版は、[こちら]!
2021年3月のおすすめ楽譜
◆WW-0733 鳥のさえずり(ラモー)ダブルリード3重奏(Ob,EH,Fg)
ダウンロード
18世紀前半にフランスで活躍した作曲家 ラモー(Jean-Philippe Rameau, 1683〜1764)が作曲した「クラヴサン曲集」の中の1曲。 クラヴサンは、いわゆる ハープシコード、チェンバロのことで、ピアノの原型となった鍵盤楽器です。 曲のタイトル通り、装飾記号やスタッカートを多用したメロディが、小鳥の鳴き声を模しています。 演奏するときは、ぜひ小鳥になりきって、思う存分さえずってください。
今回の掲載は、パート譜のみです。フルスコアも含む製品版は、[こちら]!
2021年2月のおすすめ楽譜
◆WW-0042 小前奏曲(J.S.バッハ)木管4重奏(Fl,Ob,CL,Fg)
ダウンロード
原曲は、J.S.バッハが作曲した「5つの小前奏曲」というピアノ曲のなかの、第1曲ハ長調(BWV.939)という曲です。 短い曲ですが、堂々と音をよく響かせて演奏しましょう。メロディは、跳躍が多くてちょっと大変ですが、流れるように一気に吹きあげてください。
今回の掲載は、パート譜のみです。フルスコアも含む製品版は、[こちら]!
2021年1月のおすすめ楽譜
◆WW-0766 カルメンより「前奏曲」(ビゼー) 木管4重奏(FL,Ob,CL,Fg)
ビゼーの歌劇《カルメン》の第1幕への前奏曲の後半部分に演奏される、重苦しい旋律。カルメン第1組曲では、この曲が第1曲となっています。 今回のアレンジは、木管4重奏で、この重苦しい旋律をファゴットが奏でます。 この曲は次に演奏される「アラゴネーズ」に続けるために、終盤4小節で徐々にcresc.して、いきなり切り捨てるように終わります。
今回の掲載は、各パート譜1ページ目のみです。フルスコアと全パート譜を含む全曲版の楽譜は、[こちら]!
2020年12月のおすすめ楽譜
◆WW-0571 紡ぎ歌(エルメンライヒ)クラリネット4重奏(3BbCl,BsCl)
ダウンロード
畑から収穫した綿花の山から、糸車がくるくる回って、糸を紡ぎだしていく様子を描いた、軽快な曲。原曲はピアノ曲です。 バスクラリネットの伴奏に乗って、3本のB♭クラリネットがシンコペーション風のメロディを絡めます。 メロディは、アクセントやスタッカートをはっきり表現し、3人の息がピッタリ合うようによく練習しましょう。 作曲者のエルメンライヒ(Albert Ellmenrich 1816〜1905)は、19世紀後半にドイツで活躍した宮廷劇場の俳優で、オペラの作曲まで手掛けた多才な人だったようです。
今回の掲載は、パート譜のみです。フルスコアと全パート譜を含む全曲版の楽譜は、[こちら]!
ご注意:このページでダウンロードできる楽譜は、≪パート譜のみ≫です。
 フルスコアも含めたフルセット楽譜が必要な方は、こちらよりお申し込み下さい。>>楽譜のお申し込み
■Adobe Reader の仕様上、販売している楽譜とフォントが異なっている場合があります。
■このページへの掲載リクエストは、受付いたしません。

◆音楽関連雑誌◆
定期購読のご案内
 
◆楽器レッスンサイト紹介◆


このページの先頭
HOME PAGE